女性のための手に職をつけられる資格ガイドマッサージ編 サイトマップ
HOME » 事前に知っておきたい!マッサージ師になるには

事前に知っておきたい!マッサージ師になるには

 マッサージ師になりたい!…と思っても、知識があるだけでは何にもなりません。人の身体に触れて不調に働き掛ける実技が必須となりますから、知識だけでなくマッサージ技術も身につけないといけないのです。

では、資格を取るにはどうしたらいいのでしょうか?費用や学習期間はどれくらいかかるのか?また、たくさんあるスクールから自分に最適なスクールを選ぶには、何を基準に選べばいいのでしょうか?そうした、マッサージ師を目指す際の、初歩的な疑問をまとめてみました。 

資格をとる方法は?

資格には、国家資格だけでなく民間の資格もあります。種類としては民間資格の方が多く、自分の好みやレベルにあった内容のものを選ぶことができます。趣味としてやるのもいいですし、仕事として身につけるのも役立ちます。では、マッサージの資格を取得するには、一体どうしたらいいのでしょうか?

費用はどれくらい?

資格を取りたいと思っても、気になるのは費用です。一体どれくらいかかるのか…それは資格の種類によっても異なります。マッサージと一言にいっても、種類によっては数百万とかかるのです。

資格取得までの期間は?

マッサージの資格を取得するには、一体どれくらいの日数がかかるのでしょうか?また、比較的早く資格取得が叶うのは、どんなマッサージなのでしょうか?一般的な資格取得に必要な期間を調べてみました。

スクールの選び方は?

たくさんあるスクールの中から、自分にぴったりのスクールを選ぶには何に気を付ければいいでしょうか?比較検討するのに最適な、5つのポイントを挙げてみました。

試験の難易度は?

マッサージの勉強をするのであれば、プロとして働けるだけの資格を取りたいもの。資格試験の難易度は一体どれほどなのでしょうか?資格試験の種類の一例と、難易度を挙げてみました。

体験談まとめ

マッサージの資格取得を目指したその後は?資格を使って仕事に、そして家族の健康管理にと役立てているようです。体験談から、資格取得後の姿をイメージするヒントになりそうです。

海外でも使える?

日本でマッサージ師として働くうちに、海外での仕事に興味を持った方もたくさんいます。ですが、日本で取得したマッサージの資格は海外でも活かすことが出来るのでしょうか。海外でマッサージ師として働きたいと思っている方のために資格事情についてご紹介します。

合格率はどの程度?

マッサージ関連の資格といっても様々なものがあるため、どの資格の試験を受けるのかによって合格率は異なります。自分が取得を目指している資格がある場合は、合格率がどれくらいあるのかについてチェックしてみましょう。

学歴は関係ある?

マッサージの資格を取得するためには学歴も関係してくるのでしょうか。中卒の段階で学歴が止まっている方の中には、自分は資格が取得できないのでは…と不安に思っている方もいるようです。そこで、学歴と資格取得についてご紹介しましょう。

国家資格と民間資格の違いって?

マッサージに関する資格には国家資格のほかに民間の資格もあります。国家資格と民間資格ではどのような違いがあるのでしょうか。国家資格=難しいと考えてしまいがちですが、必ずしもそうとは限りません。

民間資格の中にも難しいものはありますし、国家資格と同じく評価されている資格もあります。それぞれの資格でメリットもあればデメリットもあるので適当に選ぶことはできません。

どちらの資格が向いているかは人それぞれなので自分自身で検討する必要がありますが、それぞれの資格の特徴についてご紹介するのでぜひ参考にしてみてくださいね。

オススメはどれ?女性のためのマッサージ資格ガイド