女性のための手に職をつけられる資格ガイドマッサージ編 サイトマップ

体験談まとめ

 マッサージの資格を取得した人の体験談を紹介

スクールに通っての資格取得を目指す人は、専業主婦や子育て中の人、仕事を持っている人とさまざま。実際に取得した後、どのように役立てているのでしょうか?

資格があることで就職もスムーズに 

スクールでリンパマッサージの技術を習得し、卒業後はリラクゼーション専門に就職しました。資格があることで就職もスムーズに決まったと思います。

また、スクールで学んだ知識や技術による施術はお客様に好評で、ご指名を受けることも増えてきました。施術後に「気持ちよかった!」と言ってもらえ、また来て頂いた時は嬉しかったです。先輩からも、施術についてよく聞かれます。

これからも、スキルアップを目指して勉強していきたいです。

スケジュールが自由に組めるのが決め手 

リンパドレナージュに興味があり、専門のスクールに通って勉強しました。スクールを決める際には、マンツーマンで授業が受けられるといった丁寧な内容、スケジュールが自由に組めるというのが決め手となりました。

卒業後はスクールの先生のアドバイスにより、老人介護施設でリラクセーションセラピストとして働きつつ、自宅でプライベートサロンを開くために動いています。

ここまで生かせるとは思っていなかったので、正直びっくりしています。母に施術をしてあげることがありますが、とても喜んでくれるのも嬉しいですね。

講師や他の生徒と楽しく学べた 

仕事をしながらスクールに通いました。授業の振り替えができたのが、続けられた理由だと思います。クラスの雰囲気はアットホーム的で、講師や他の生徒さんたちとも楽しく学べました。

卒業後は、仕事の傍らでトリートメントしています。まだ、練習させてもらっている感が強いのですが、喜んでくれるのが嬉しいです。

自宅でプライベートサロンを開業 

自分や家族の健康に役立つ仕事を…ということで、スクールに通い始めました。

受講終了後には、開業準備としてインターン学習を経験。保育園のお迎え時間に間に合わせるのが大変でした。今は、週に3日ほど自宅でプライベートサロンを開業し、完全予約制で対応しています。

仕入れや家賃などがないので貯金も捻出でき、子供たちの近くにいられるので、がんばって習得した甲斐があったなと思います。

幅広い施術を取り入れられた 

多方面で活躍できるセラピストになりたいと思い、通学生のスクールを選びました。1日6時間になることもありますが、夢のために一生懸命になってやっていました。

資格取得と同時並行で自宅サロンの開業準備も始め、半年以内にリラクゼーション系からエステ系まで…幅広い施術を取り入れることができました。

資金繰りや集客面で悩むこともありますが、お客様と接するのは楽しいので、毎日やりがいを感じています。

選択肢は人によってさまざま 

資格取得後は、それを生かして就職する人もいれば自宅で開業する人とさまざま。また、家族の健康管理に役立てていると、仕事だけでなくプライベートでも活用しているようです。

オススメはどれ?女性のためのマッサージ資格ガイド