女性のための手に職をつけられる資格ガイドマッサージ編 サイトマップ
HOME » 事前に知っておきたい!マッサージ師になるには » マッサージ資格の合格率はどの程度?

マッサージ資格の合格率はどの程度?

合格率は資格の種類によって違う

一口にマッサージの資格といっても、様々な種類があります。試験の合格率はどの資格の試験を受けるかによって変わってくるので、自分が取得したいと思っている資格の合格率についてチェックしてみましょう。

まず、国家資格についてご紹介します。

按摩マッサージ指圧師試験

合格率を平均してみると85%以上となっています。そのため、しっかり勉強しておけば合格するのは難しくない国家試験だといえるでしょう。

試験の内容は解剖学と生理学などを含む12科目から出題されます。150点満点となるのですが、90点以上取れれば合格となるので、試験の難易度はそれほど高くありません。

ですが、これほどまで合格率が高いといわれる按摩マッサージ指圧師試験であるものの、按摩マッサージ資格を取得するのは簡単だとは言えません。というのも、養成校が全国に20校程度しかないため、専門学校に入ること自体が難関なのです。

まずは専門学校入学を目指しましょう。

鍼灸師試験

合格率は75~80%ほどと、平均して高めです。学校で3年間しっかり勉強をして挑めば極端に難しいものではありません。ただ、鍼灸師試験は「はり」と「きゅう」に分れており、どちらか一方しか合格できない方もいるようです。共通の問題が多く、専門の問題はそれぞれ10問となっているので、効率よくはり師・きゅう師の資格を取得したいと思っているのであれば同時合格を目指しましょう。

民間資格の合格率

続いて、民間資格の合格率についてご紹介します。

リンパドレナージュ

エステなどで施術をしたいと思っている方はこちらの資格取得を目指しましょう。医療機関で行われている医療リンパドレナージュの資格を取得するのは難易度が高いのですが、通常のリンパドレナージュの場合はそれほど難しくありません。

民間資格であるため、認定する団体によって呼び名と合格率が異なりますが、講座をしっかり受けていればほとんどの方が合格出来る資格です。

整体師

整体師のスクールもたくさんあります。資格取得までにかかる期間も違いますし、試験の難易度なども異なるものの、スクールで受ける授業の前課程を修了していれば卒業時に資格の認定証が受けられるところもあります。

そういったところであれば、通いきれる方の合格率は100%だといえるでしょう。ただ、中には独自の試験を行っているところもあります。自分がどのような試験を受けようと思っているのかチェックし、難易度を確認してみてくださいね。

階級があって級によって難易度が大きく変わるような資格もあります。

カイロプラクター

カイロプラクターの資格は民間資格となります。民間や団体が実施している資格認定試験を受けるか、カイロプラクターの養成学校に通いましょう。

いずれの場合も合格率は高いです。

合格率はあくまで参考程度にしよう

合格率が90%以上を誇っている資格試験だったとしても10%の方は落ちていることになります。そのため、自分が合格出来るか否かはそれまでの努力による部分が大きいです。それに、合格率は年によっても全く違います。

確かに合格率の高い資格試験は魅力的ではありますが、まずは自分がどの資格を取得し、どのようなマッサージ師になりたいと思っているのか考えてみましょう。

民間の資格に比べると国家資格は資格試験を受けるまでの道程が長く、お金もかかります。ですが、国家資格を持っているとそれだけで就職においても有利になるので、メリットは大きいです。

オススメはどれ?女性のためのマッサージ資格ガイド