女性のための手に職をつけられる資格ガイドマッサージ編 サイトマップ
HOME » マッサージ系の資格はココで取れる!人気の学校12選

マッサージ系の資格はココで取れる!人気の学校12選

 マッサージの資格を取得できるとして、人気の12スクールをピックアップ。スクールの特徴やおすすめのコース、口コミなどをまとめてみました。 

リンパ療法学院

株式会社JCSスクールズが運営。姉妹校に長命整体師養成学院、リンパフェイシャル学院とあります。実践形跡でのカリキュラムで、コース終了後には独立開業する人も少なくありません。アフターサービスも充実しており、独立支援サポートも。永続的にサポートを受けられるので、コストパフォーマンスも高いです。

JEA

デンマークのエミール・ボッダー博士が開発した「マニュアル・リンパドレナージ(MLD)」が学べる本格講座。医療現場でも使われている国際資格が取得できます。校長は、日本におけるMLDの認定講師第1号者といった、まさに日本での元祖ともいえる学校です。リンパマッサージ以外にも、アロマオイルの資格取得講座もあります。

 JEAの詳しい説明はこちら

クイーンズウェイ

日本で初めてリフレクソロジーサロンを開いた会社として有名。モデルや女優、一流アーティストなどから高い信頼を得ています。スクールでは、日本人に合わせて考案された英国式リフレクソロジーの知識や技術が学べます。

日本リフレクソロジスト養成学院REFLE

通学だけでなく通信コースもあり、どちらでもJHRS認定リフレクソロジープロライセンス実技士資格を取得することが可能。振替や繰り返し受講、教室開放などのバックアップ制度が充実していますので、仕事をしながら学ぶ人もいます。

CLSマッサージスクール

スクールは本場タイ。古都チェンマイにある、セラピスト養成のためのタイ文部省が認定する私立学校で勉強します。海外からの留学生を対象としているので、日本語でのサポート体制が整っていて安心。タイ古式マッサージ以外にも、さまざまなマッサージを用意しています。

東京療術学院

整体だけでなく療術総合学・スポーツ学・リラクゼーション・心理学と幅広いコースを持つ学校。サポート制度が充実しているだけでなく、仕事をしている人や育児中のママさんも通いやすいように永久リピート制度や単位取得制度、セレクト型コースを採用しています。

ラヴァーレ

日本アロマコーディネーター協会(JAA)と、ナード・アロマテラピー協会(NARD JAPAN)に加盟するアロマ専門スクール。フリータイム制で夜22時まで受けられるため、仕事を持っている人でも無理なく自分のペースで通うことができます。アロマ初心者さんから上級者まで受講できるさまざまな講座がそろい、卒業後の就職や独立サポートもおこなわれています。

マザーズオフィス

30年前、女性のために設立されたスクール。アロマテラピーだけでなく、月経リズムや妊産婦ケア、トリートメント、リフレクソロジー・バッチフラワーレメディ・アストラルスリーピング・占星学など、女性の心と体に関係の深い内容が学べます。

日本カイロプラクティックドクター専門学院

高い専門性を持った授業が受けられるスクール。厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校の認定校であり、講師はアメリカ政府公認カイロドクターです。現役の医師や大学教授の授業、海外研修など、国内だけでなく海外も視野に入れた勉強ができます。

大川カイロプラクティック専門学院

働きながら学べる専門学校。週1回、決まった時間に研修がおこなわれ、そこに自由に参加してカイロプラクティックについての知識と技術を身につけていきます。1年間の研修を受けることで独立開業に向けた大きな基礎となります。

長生学園

あん摩マッサージ指圧科で3年間、昼間部・夜間部とあるスクール。あん摩・マッサージ・指圧・脊椎矯正・精神療法・プラーナ療法で構成される長生術が学べます。各分野の専門家が講師として授業をおこなうので、最新の医療現場についての研究や臨床例、治療法についても詳しく知ることができます。

国際鍼灸専門学校

あん摩マッサージ指圧・鍼灸科で3年間みっちり勉強。卒業後にはあん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師の国家試験受験資格が得られます。校舎内には付属治療所もあり、マンツーマンでの実技指導が受講可能です。

マッサージ資格をスクールで取得するメリット

マッサージ資格をスクールで取得するメリットはたくさんあります。

講師の施術が見られる

なんといっても大きいのが、実際にプロの施術を目の当たりにできるということ。というのも、マッサージの資格を取得する方法として通信教育などもありますが、通信教育だけでは目の前でプロの施術が見られません。

通信教育の中にもスクーリングを用意しているところがありますが、それだけではどうしても経験を積みきれない方もいるでしょう。

マッサージでは人の体に触れることになります。テキストだけで頭に叩き込んでいたとしても、実際に施術を開始してみると何をどうすれば良いのかわからず、焦ってしまう方が多いようです。

相手にするのは知り合いではないので、失礼なことはできませんよね。そういったことを考えると経験を積むためにもスクールを選択した方が安心できるでしょう。

学習計画が立てやすい

自分でスケジュールをしっかり管理できる方であれば良いのですが、それが苦手な方だと資格取得の試験にうまくタイミングを合わせられず、下手すると次回の試験まで先延ばしになってしまうこともあります。

スクールに通えば決まった時間に講義が行われていることもあり、それをメインにして自分にとって足りないところを補うなどの計画的な学習予定が立てられるのがメリットです。

友だちができてモチベーションが上がる

スクールには自分の他にもマッサージに興味のある方が通っているので、そういった方と友だちになって一緒に資格取得に励むことができるでしょう。独学や通信教育の場合はこういったメリットはありません。

実は、資格を取得する上でモチベーションを維持することが非常に大切です。誰でも「○○の資格がほしい」と思ったものの、実際には取得できていない資格があるはず。そういった資格も一緒に資格を取得するために頑張る仲間がいれば前向きに努力を続けられたかもしれません。

特に、独学で学んでモチベーションを維持するのは大変なことなので、1人での勉強が向かない方はスクールを選択してみましょう。

わからないことをすぐに質問できる

独学で学ぶ場合、専門家に直接質問ができません。通信教育の場合はわからないことがあった際に電話やメールなどで対応してくれるところもありますが、スクールであれば学校に行った際に信頼している講師に直接確認ができるのが嬉しいポイントです。

スクールは講師への報酬と教室の賃料などがかかることもあり、通信教育に比べるとどうしても高めな費用が設定されています。ですが、メリットは非常に大きいので、できるだけ効率よく、確実にマッサージについて理解して資格を取得したいと思っているのであればスクールに通うことを検討してみましょう。

スクールの特徴まとめ

スクールによってカリキュラムや身に付けられる知識、技術が違います。ですが、どのスクールでも高い知識と技術を持った講師がしっかりとサポートしてくれるので、安心して学べるでしょう。

独学でマッサージの資格を取得しようと思って頑張っていたものの、どうしてもうまくいかず途中で断念してしまった方もいるかもしれません。そういった場合もスクールであれば効率よく学べるので、もう一度検討してみましょう。

独学や通信教育とは違ったスクールで学ぶことの魅力をまとめると、講師の生の施術を目の前で見ることができる、試験の日程に合わせて予定が立てられる、同じ道を目指す仲間が見つかる、わからないことがあったらすぐに質問ができてその場で返答がもらえるなどです。

手に職をつけるためにマッサージの資格を検討している方は、効率よく学ぶためのスクールをチェックしてみましょう。

オススメはどれ?女性のためのマッサージ資格ガイド