女性のための手に職をつけられる資格ガイドマッサージ編 サイトマップ

鍼灸

鍼灸ってどんな資格?

鍼灸は、国家資格の一つ。経穴(けいけつ)と呼ばれるツボに鍼やお灸を使って刺激を与え、人間が本来備えている自然治癒力を向上させることで、内側から不調を取り除き回復させていきます。施術の際には患者さんの状態から鍼の太さや細さ、鍼をする深さ、方向、モグサの種類やお灸の回数、使うツボなどを判断しておこなっていくのです。

資格取得後は美容鍼灸としてエステサロンや、フィットネススポーツ施設でスポーツトレーナーとして、鍼灸接骨院や治療院、介護・福祉施設などの医療施設、さらには教育研究や学術研究の場といったところで活躍。もちろん、独立開業する人も少なくありません。

最近では美容鍼灸といった言葉も出てきていることからも女性の注目度が上がってきており、鍼灸業界の活性化が期待されています。

資格取得にかかる費用や期間

資格取得するには、日本医専などの鍼灸系専門学校や、鍼灸学科がある4年制大学もしくは3年制短大に通い、国家試験を受験することになります。国家試験は年1回。これに合格すると、晴れて鍼灸師として働くことができるのです。

鍼灸は医学分野の資格となるので、高いレベルでの知識と技能が必要となります。根気よく学習に取り組まなければいけないので時間がかかりますし、必要な費用も多額となります。ただ、資格を取得してある程度の実務経験を積んでいくことで、一生の仕事にすることが可能となります。

資格を取得した人の体験談

「やりがいを感じる仕事ではあるものの、おいしい仕事ではないというのがわかりました。好きな人には良い仕事です。最近では就職先が昔よりも減ってきているようなので、本当にこの仕事が好きでないと難しいと感じています。」

「中高年といった方から主婦の方まで…幅広い年齢層に囲まれての勉強は、鍼灸以外に人生についても教わったような気がします。資格取得後も連絡を取り合える人もできて、心強い限りです。」

「6年間鍼灸院で働き、独立して3年になります。鍼灸治療だけでなく美顔鍼やリラクゼーションも取り入れており、主に女性のお客様に喜んでもらっています。鍼灸師は可能性がある仕事なので、もっと幅を広げていきたいです。」

鍼灸資格取得後は?

国家資格のひとつなので、就職した際には好条件が用意されていることも多いです。主な就職先は鍼灸院や病院になるでしょう。この他にも鍼灸整骨院、福祉施設での需要も多く、独立にも強い資格だといえます。鍼灸の資格を取得した方の中には、在学中から独立のための準備を進め、資格取得後すぐに開業するケースもあるようです。

医師と同じく開業権を持っているので、今すぐに開業する気はなかったとしても将来的なことを見据えて経験を積んでいきましょう。ある程度経験を積んだあとは出張専門鍼灸師として活躍している方も多いです。この場合は保健所に出張の届けを提出するだけで認められるので比較的検討しやすいでしょう。

他に、少し変わった就職先として針灸の資格を活かしながらスポーツトレーナーを実践している方もいます。美容目的で行われるエステサロンでの施術でも針灸の知識が求められるものもあるため、気になる職場でキャリアを積んでみましょう。

鍼灸資格習得後の体験談

「針灸を始めてからは神経痛が良くなったといってくださるお客さんが多く、やりがいを感じています。体の不調改善目的だけでなく、美容目的で通う方もいて幅広い方とのやりとりができるのは嬉しいですね。

歩合制ではなく固定給なのですがまだまだ働き始めたばかりで年収は320万円ほどです。経験豊富な先輩は400万円以上もらっているそうなので上を目指します。将来的には独立したいです。」

「資格取得後、独学で更に体の仕組みや不調について学びました。お客さんから質問されたことに対して的確に答えられるようになり、最近は指名も増えています。難しい生活習慣に関する相談をされることもあり、まだまだ勉強中です。

現在の年収は380万円ほど。働き始めた当初に比べると30万円以上増えました。もっと経験を積んで独立したいと思っているので、経営に関することも学びながら働いています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

オススメはどれ?女性のためのマッサージ資格ガイド