女性のための手に職をつけられる資格ガイドマッサージ編 サイトマップ

カイロプラクティック

カイロプラクティックってどんな資格?

カイロプラクティックとは、自然治癒力を高めて、歪んだ部分を整えるといったもの。日本古来の手法でおこなう民間療法・整体に似ていますが、アメリカを発祥とする手技療法なのでちょっと違います。しかも、医学的な理論に基づいておこなわれるといった側面もあるのです。

カイロプラクティックでの仕事は、カイロプラクティック理論だけでなく整体理論や基礎医学知識、手技の技術獲得が必要。専門学校やスクールなどで技術を身につけていくものとなります。

資格取得後は、カイロプラクティックの治療院はもちろん接骨院や整形外科、施術院、ヒーリングサロン、さらには医療・福祉関連機関、スポーツジム、エステティックサロンなどで働けます。経験をつむことで独立開業することも可能です。

資格取得にかかる費用や期間

カイロプラクティックは民間資格となり、複数の団体が独自の試験や資格制度を設けています。専門学校やスクール、通信教育で学ぶことができますが、どちらかというと資格というよりも修了証といった感じ。医療行為に近いことはできません。

受講費用や期間はコースによって異なり、短くても半年、安くても5万円ほどからとなっています。海外では国家資格として認めている国もあり、アメリカやオーストラリアなどがそれに当たります。WHO(世界保健機構)が認める資格取得には、アメリカでは6年制、他では5年制の国際基準である「4200時間以上の基礎医学とカイロプラクティック」を学ぶ必要があります。

資格取得後は、国家資格としてレントゲン撮影や診断、医療行為における説明や手技などの専門的施術が認められます。

資格を取得した人の体験談

「スクールに通って、みっちり勉強しました。緊張感ある授業は本格的で、現場でもすぐに働けるぐらいの技術を身につけられたと思います。卒業後はスクールが運営する施術院に就職が決まりました。」

「卒業後は、在学中にインターンで通ったところにそのまま決まりました。現場で働いていてみると、技術はもちろんですが解剖学や免疫学など基礎医学知識がとても役立っていたと思います。」

「手に職を持ちたいと思い、カイロプラクティックを選択。インターン制度もあり、かなり自信がついた形で就職できました。」

カイロプラクティック資格取得後は?

カイロプラクティック施術院で高い需要があります。他にも整骨院、病院などさまざまな施設でカイロプラクティックの知識が求められているのです。カイロプラクティックの資格や知識を役立ててスポーツトレーナーとして活躍している方もいます。

ただ、就職先はそれほど多いとは言えない状況にあるようです。カイロプラクティック施術院のみを検討してしまうと選択肢が少ないので、幅広い選択肢を持ちましょう。 また、カイロプラクティックの資格が取得できるスクールでは在学中から開業する際の知識を学べるところも多いようです。中には卒業後にそのまま独立する方もいるので、どのような形でカイロプラクティックの資格を役立てていくかは人それぞれだといえるでしょう。

短期の学校もありますが、在学中にしっかりとした技術と知識を身につけておいたほうが選択できる職場の幅は広がります。あまりにも短期のスクールだと卒業して資格を取得しても思うように就職先が見つからないこともあるので気をつけておきましょう。

カイロプラクティック資格習得後の体験談

「昔は技術力が足りなかったのかなかなか指名がもらえませんでしたが、最近は指名されることも増えてきて同時にやりがいも感じられるようになりました。ただ単に技術だけを身につければいいわけでなく、やっぱりコミュニケーション能力を磨くことも大切だと感じています。

施術が終わった後にお客さんから感謝の言葉を伝えられるとかなり嬉しいです。年収は300万円程度で伸び悩んでいます。将来的には独立を目指しているので、今のうちからいろいろな経験を積んで将来に備えたいです。」

「仕事を始めて最初に思ったのはマッサージ以外の仕事も多いな…ということ。人が少ない職場で働いているので受け付けや備品の片付けや掃除などを担当することも多く、少し不満に感じることもあります。

ただ、お客さんに施術をして、生活のアドバイスなどもさせていただくととても感謝されるのでそういった場面ではこの仕事を選択して良かったなと思いますね。

年収は280万円くらいでそれほど高くないのですが休みはしっかり取れています。」

オススメはどれ?女性のためのマッサージ資格ガイド