女性のための手に職をつけられる資格ガイドマッサージ編 サイトマップ

按摩

按摩ってどんな資格?

按摩マッサージ指圧師の資格を取得すると、施術所(治療院)、福祉施設、病院などへの就職はもちろん、自分で施術所を開業したり出張(訪問)施術をおこなうことができるようになります。

また、介護サービスによる介護支援専門員(ケアマネジャー)の可能性も開けてきます。この試験の受験要項には、按摩マッサージ指圧師としての実務経験も認められているのです。

資格取得にかかる費用や期間

按摩の資格は、「按摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」に基く医療系の国家資格になります。国家試験は年1回。

医療概論や衛生学、公衆衛生学、関係法規、解剖学、生理学、病理学概論、臨床医学総論、臨床医学各論、リハビリテーション医学、東洋医学概論、経絡経穴概論、按摩マッサージ指圧理論および東洋医学臨床論と学ぶことはたくさんあります。

試験に合格すると、厚生労働省の資格者名簿・按摩マッサージ指圧師名簿に登録。この名簿の管理は、財団法人東洋療法研修試験財団がおこなっています。

国家資格ですから、鍼灸マッサージについての知識や技術について勉強できる学校や施設を卒業し、厚生労働省の国家試験に合格しないと資格を得ることはできません。3年間、大学であれば4年間は通うことになるので、どういった取り方をするのか、しっかりとイメージして必要な資格がある学校を選ぶ必要があります。

資格を取得した人の体験談

「将来に不安を感じて、国家資格である按摩マッサージ指圧師をとりました。子育てとアルバイトをしながら3年間通学し、取得後は自宅で治療院を開きました。国家資格ですから健康保険も適用され、少額の出費で済むと好評です。」

「自宅を治療院にし、訪問マッサージをしています。働く時間を調整できるので、子育てとも両立することができて助かっています。」

「午前中は学校、午後は仕事と育児とがんばり、ついに資格を取得。卒業後は、健康保険を適用した訪問マッサージ事業を開業しました。仕事を通じて、いろんな人と出会えるので楽しいです。」

按摩資格取得後は?

マッサージ関連の分野ではさまざまな資格がありますが、按摩マッサージ指圧師の資格は国家資格ということもあり、評価が高いです。国家試験を受ける際には就職活動をしながら試験に挑む方もたくさんいます。 そういったこともあり、就職のサポート体制をしっかり整えてくれている学校がたくさんあるのです。病院や治療院でも需要があるので、さまざまな不調に悩んでいる方の助けになれるでしょう。

他にはマッサージ店などでも求人が出ており、民間の資格を取得している人に比べると有利な条件で採用されることもあります。近年は、介護施設やデイサービスで行う機能訓練指導員としての仕事も増えてきました。 デイサービスでは必ず1名以上の機能訓練指導員が配置されていなければならないこともあり、機能訓練指導員として働けるようになれば安定した収入が得られるでしょう。病院よりも治療院で働いている方が多いですが、資格があれば専門的な知識と技術を持っていることが証明されるので選択肢は幅広いです。

按摩資格習得後の体験談

「かなり腰痛や肩こりが重症化している方を担当することもあります。少しずつ状態が改善していくのを見るとお客さんと一緒になって喜んでいますが、毎回多くのお客さんから感謝の言葉をかけられるのでやりがいが大きいです。

最初に苦戦したのはコミュニケーションでした。うまく話をすることができず無言になってしまうこともあったのですが、最近は経験も積み、楽しく話せるようになっています。」

「按摩と針灸の両方の資格を取得して鍼灸の仕事をしていたのですが最近になってから按摩専門の職場に移りました。国家資格を取得するのは大変でしたが、しっかり評価してもらえるので満足しています。

お客さんが何度か繰り返し通ってくる中で少しずつ状態が良くなっていくのを私自身も自覚できるのでやりがいが大きいです。給料は若い頃は少なかったものの、40代に入ってから520万円を超えるようになりました。」

オススメはどれ?女性のためのマッサージ資格ガイド