女性のための手に職をつけられる資格ガイドマッサージ編 サイトマップ

リフレクソロジー

リフレクソロジーってどんな資格?

リフレクソロジーは、19世紀のアメリカを発祥とする反射学(リフレクソロジー)の考え方を元にした健康療法です。面(ゾーンやエリア)を刺激することで、心身の健康づくりをサポート。不調部分を改善するにはどこを施術すればいいのか把握しているので、普通のマッサージよりも効果が高いと言われています。

リフレクソロジーの資格を取得すると、リフレクソロジーサロンやエステサロン、マッサージ系サロン、セラピー系サロン、そしてリゾートホテルや高齢者用高級マンション、介護施設といった場所で働けるようになります。人によっては独立し、隠れ家的サロンとして営業している人も。近年では、医療や介護、福祉現場での需要もみられ、医師の指導・監督のもとでサポートケアすることもあります。

資格取得にかかる費用や期間

リフレクソロジーの資格取得の為の勉強は、スクールや通信講座、もしくはサロンで実際に勤務しながら勉強するといった方法の2パターン。スクールに通うことで知識や技術を学べ、卒業試験で見事合格できれば資格取得となります。

ただ、仕事をしている人や育児で通学が難しいという人は、通信講座で好きな時間に勉強するのがいいでしょう。通信講座を終えて、試験に合格すれば資格を取得できます。

勉強期間は学校や講座によって変わってきますが、一般的には3ヶ月から半年ほどで、長い人では1年~1年半といった期間において学ぶ人もいます。かかる費用は、通信教育で安いところでは4万円前後、スクールに通うと10~40万円ほど。

そして、サロンで勤務しながらリフレクソロジーの知識と技術を身につけていく…といった方法もありますが、これは未経験者可能となっているサロンを探さなくてはならないのでちょっと大変です。

資格を取得した人の体験談

「どうせならきちんと資格を取りたいと思い通信講座にチャレンジ。時間のある時に勉強し、DVDなどで実技の練習をしました。丁寧なアドバイスや応援メッセージが励みになり、子育て中でも資格取得が叶いました。」

「自分自身はもちろん、家族や友人の体のケアもできるようになり、みんなの喜ぶ顔を見れるのが嬉しいです。フットやハンドなど、日常的に酷使する部分の施術はとても役立っています。」

「その場ですぐに、思いたったら施術できるのがリフレクソロジーの良いところ。手軽に本格的な全身ケアができるのが素晴らしいと思います。子どもが大きくなり手がかからなくなったら、自宅でサロンを始めたいと考えています。」

リフレクソロジー資格取得後は?

リフレクソロジーの資格を取得した後、マッサージやエステサロンで働く方が多いのですが、意外なことに病院や医療機関でも資格取得者が求められています。病院で働いた経験があるとさらに選択できる職場の幅も広がるので、興味のある分野で実際に仕事をしてみましょう。ほかには、スポーツ前後に施術を行っても効果的なので、スポーツクラブで求人が出ていることもあります。

リフレクソロジーは体の調子が悪いものの、病院にかかるほどではない、または病気ではないものの体調が優れない方をサポートすることもできる仕事です。若い女性の美容のためだけに役立てられる資格ではなく、介護施設や老人福祉施設でリフレクソロジーの資格を持った人を募集することもあります。

自宅でサロンを経営し、リフレクソロジーの施術を行っている方も多いです。独立にも向いている資格といえるので、将来的に独立したいと思っている方もまずは気になる就職先を探して経験を積みましょう。

リフレクソロジー資格習得後の体験談

「資格を取得してすぐの時期に働き始めた仕事先はあまり良いところではありませんでした。そこで転職を決意。資格を持っていたからかすぐに転職先が見つかり、今の職場に満足しています。

年収は250万円前後でそれほど高いわけではありませんが、福利厚生が整っているのでとても働きやすいです。一時期産休を取りましたが、問題なく復帰できました。長く続けられそうな職場です。」

「正社員として採用してくれるところがなかなか見つからなかったので今はアルバイトとして働いています。ただ、売上が上がるとしっかり評価してくれるところなので正社員より給料が高くなる月も。年収は300万円前後です。

働き始めたばかりの頃は右も左もわかりませんでしたが先輩のスタッフがとても優しく、1から丁寧に教えてくれています。お客さんとのお話も楽しく、天職だと実感しました。」

リフレクソロジーで足つぼ

古代エジプトに始まり、アメリカを発祥とする「リフレクソロジー」は、機器を一切使わずに人の手だけで足の裏側にある「反射区」に刺激を与え、全身の痛みやトラブルを改善に導くリラクゼーション方法です。

足裏を直接刺激する施術ということで、中国式の足つぼ療法とよく似ているのですが、足つぼ療法は明確な「つぼ」をしっかりと刺激して効果を得るものです。

それに対してリフレクソロジーでは、足裏の緊張をゆっくりとほぐすところから始めます。「つぼ」のみへのマッサージだけにとどまらず、足の疲れを全体的に癒す目的があります。

独特な指使いにより足裏をほぐしていくことによって、足に溜まってしまった緊張を解いて疲れを徐々に取り除きます。同時に、体の最下部に溜まってしまったリンパ液や流れの悪い血液についても、循環を良くする効果が期待できるので、マッサージだけでもリラックス効果が生まれます。

腎臓や肝臓など、悪くなっている場所をピンポイントで発見・治療する足つぼ療法とは異なり、リフレクソロジーでは足裏全体にアプローチをしていきます。足が軽くなるのはもちろん、むくみやだるさといった物理的なトラブルについても改善効果が期待できます。

リフレクソロジーは足へのマッサージと足つぼ療法の両方を兼ね備えているマッサージ方法とも言えます。太もも、ふくらはぎなど脚全体へのオイルマッサージと併用することも可能で、こちらも下半身に溜まった疲れを取り除く効果が得られます。

リフレクソロジーでうつ病対策

リフレクソロジーは足を対象としたマッサージ方法ですが、全身のうちでもっとも滞りやすい足に特化しているので、血行不良やリンパの停滞などが改善され、全身のめぐりが改善されやすいというメリットがあります。

全身のめぐりが良くなるということは、脳や自律神経などのメンタル面に影響を与える器官への効果も期待できるということです。

ゆったりとした空間で気持ち良く足へのケアが受けられるということで、心が開放された気分になり、ストレス緩和やイライラの解消といった意味でも有効です。最近では、リフレクソロジーがうつ病対策の一環として注目されはじめています。

リフレクソロジーで便秘対策

山梨県立看護大学研究倫理審査委員会の承認の元に行われたある研究によれば、便秘傾向のある健康な女性にリフレクソロジーを行った後の排便状況には、一定の改善効果がみられたとのことです。

「肩や首すじのこり」「疲れやすさ」などについても同じく一定の改善がみられ、リフレクソロジーによって自律神経中枢に刺激が起き、そこから内臓がリラックス状態を生じて、腸のぜん動運動に影響が起きたのではないかと考えられています。

基本的に便秘対策は「食事」「運動」などが基本となりますが、足裏を定期的にほぐすだけでも血行が良くなり、足裏から腸への刺激を求めることも可能です。

普段から便秘にならないよう、食事などでうまくコントロールをしていきたいところですが、足の裏からリラックスすることで全身の緊張を取り、むくみや疲れを溜めにくく排泄のしやすい体質を目指すこともできます。

資格について

リフレクソロジーに関する資格としては、あん摩や整体のような国家資格は存在していません。「JREC-日本リフレクソロジスト認定機構」など、民間の認定機構による認定資格を得ることが可能で、その場合は認定機構が認可しているスクールへの通学などが必要となります。

英国IFR・JHRS公認校「日本リフレクソロジスト養成学院 REFRE」のように、世界トップレベルの国際ライセンスを取得できるスクールもありますので、本格的にリフレクソロジストとしてのスキルを磨きたい方におすすめです。

オススメはどれ?女性のためのマッサージ資格ガイド