女性のための手に職をつけられる資格ガイドマッサージ編 サイトマップ

タイ古式マッサージ

タイ古式マッサージってどんな資格?

タイ古式マッサージの起源は、インドのアーユルヴェーダ。ヨガや指圧、整体などの要素を加えたタイ独自のマッサージ法です。

伝統的な考え方である「セン」が根底にあり、生命維持に必要なエネルギーの流れに障害が生じると、心身に悪影響を及ぼすようになると考えられています。「セン」の流れを良くすることで体のバランスが整う、というもの。

指圧・マッサージ・ストレッチ・矯正と施術が分かれており、これらの施術でリンパ球を活性化して血液循環の改善や体の痛みの緩和、自然治癒力、免疫力を向上させていきます。

日本国内でのサロン数は、まだそう多くはありませんが需要はあるので、まだ開拓の幅がある職種と言えます。国内でタイ古式マッサージ師として活動するには、民間の資格を取得しておかないといけません。

資格取得にかかる費用や期間

タイ古式マッサージは、スクールに通って習うのが一般的。また、本場タイに行って取得する…といった方法もあり、日本語ガイド付きでのレクチャーや寮が完備されていたりと、ハードルもそんなに高くないものとなっています。

また、物価の違いから日本国内とタイの学校では費用に差があり、タイの方が安くなっていることがほとんど。タイで習うにしても、数日間で3万円からといった格安での授業もあり、1ヶ月でも20万ほどで済んでしまいます。日本で受けるとなると、100万といった費用がかかることもあります。通う期間も数日から1ヶ月かかるものまで、内容によってさまざまです。

タイ古式マッサージの資格を取得できたら、自分でサロンを出したり、タイ古式マッサージをおこなっているサロンで働くことも可能となります。サロンはタイ古式マッサージ専門だけでなく、アロマやリフレクソロジーなど総合的にやっているリラクゼーションの場合も。スクールによってはサロン開業や就職についてサポートをしてくれるところもあります。

資格を取得した人の体験談

「定年後の第二の人生として自宅サロンを開きたくて、スクールに通いました。家族を練習相手にマッサージしたところ、半年で体重が減り体が軽く調子も良くなりました。今は念願のサロンオープンに向けて奮闘中です。」

「接骨院としての技術に、さらにタイ古式マッサージを習得したくて始めました。タイ古式マッサージのスポーツマッサージに応用が効き、お客さんにも喜ばれています。」

「フェイシャルサロンを開業しています。サービスメニューを増やしたくてタイ古式マッサージを受講。今は、エステとリフレクソロジーの組み合わせとしておこなっていますが、お客様からもとても好評をいただいています。」

タイ古式マッサージ 資格取得後は?

タイ古式マッサージは一般的なストレスとは違ってヨガのポーズを取ったり、さまざまな態勢をしますよね。そのため、通常のストレッチでは満足できない人がタイ古式マッサージに興味を持つことが多いようです。日本でも流行しており、さまざまな施設でタイ古式マッサージが行われています。これにより、求人先も増えてきました。

タイ古式マッサージのみを専門的に取り扱っているサロンもありますし、本格的にマッサージを学ぶためにタイに渡る方もいるようです。しっかり技術と知識を身につければ独立も可能でしょう。エステサロンなどに比べると開業資金は少なくて済むので、独立を夢見て働いている方も多いようです。

この場合、本場で学んだことのある方のほうが有利になります。タイでは国家資格扱いになることもあり、日本よりもさらに専門的に学べます。専門店のほか、エステサロンやヨガサロンでの需要もあるので、就職先を探すのは難しくありません。

タイ古式マッサージ資格習得後の体験談

「初めて就職したお店はあまりお客さんが来ず…。歩合給の割合が多かったので思うように稼げなかったのですが、転職先のお店でしっかり稼げるようになりました。

日本のマッサージとは少し違った知識が必要になるマッサージ方法ということもあってか、マッサージ中にお客さんからいろいろ質問をされることも。資格取得時に学んでいたことが役立っています。お客さんが満足してくれるのでやりがいも大きいです。」

「全身を使って行うマッサージということもあり、タイ古式マッサージの仕事を始めてから見事ダイエットに成功!お客さんの中にもダイエット目的で通う方も増え、健康だけでなく美容についてもいろいろな話ができて楽しいです。

給料は売上の歩合制となっているので、努力次第ではかなり稼げます。うちの場合は40%の歩合制となっているのですが、年収は320万円程度。リピーターのお客さんを増やしてもっと稼ぎたいです。」

オススメはどれ?女性のためのマッサージ資格ガイド