マッサージ資格ナビ-ほぐすぐ- » 事前に知っておきたい!マッサージ師になるには

事前に知っておきたい!マッサージ師になるには

「マッサージ師になりたい!」と思っても、知識があるだけでは何にもなりません。人の身体に触れて不調に働きかける実技が必須となるため、知識だけでなくマッサージ技術も身につけないといけないためです。

では、資格を取るにはどうしたらいいのでしょうか?費用や学習期間はどれくらいかかるのか?また、たくさんあるスクールから自分に最適なスクールを選ぶには、何を基準に選べばいいのでしょうか?そうした、マッサージ師を目指す際の、初歩的な疑問をまとめてみました。 

資格をとる方法は?

資格には、国家資格だけでなく民間の資格もあります。種類としては民間資格の方が多く、自分の好みやレベルにあった内容のものを選ぶことができます。趣味としてやるのもいいですし、仕事として身につけるのも役立ちます。では、マッサージの資格を取得するには、一体どうしたらいいのでしょうか?

マッサージの資格を取る方法
について詳しく見る

費用はどれくらい?

資格を取りたいと思っても、気になるのは費用です。一体どれくらいかかるのか…それは資格の種類によっても異なります。マッサージと一言にいっても、種類によっては数百万とかかるのです。

マッサージの資格取得にかかる費用
について詳しく見る

資格取得までの期間は?

マッサージの資格を取得するには、一体どれくらいの日数がかかるのでしょうか?また、比較的早く資格取得が叶うのは、どんな資格なのでしょうか?一般的な資格取得に必要な期間を調べてみました。

マッサージの資格を取得するまでの期間
について詳しく見る

試験の難易度・合格率は?

マッサージの勉強をするのであれば、プロとして働けるだけの資格を取りたいもの。資格試験の難易度は一体どれほどなのでしょうか?資格試験の種類の一例と、難易度・試験の合格率を挙げてみました。

マッサージ関連の資格といっても様々なものがあるため、どの資格を勉強するかで難易度・合格率は異なります。自分が取得を目指している資格がどれほどなのかチェックしてみましょう。

マッサージの資格試験の難易度・合格率
について詳しく見る

海外でも使える?

日本でマッサージ師として働くうちに、海外での仕事に興味を持った方もたくさんいます。ですが、日本で取得したマッサージの資格は海外でも活かすことが出来るのでしょうか。海外でマッサージ師として働きたいと思っている方のために資格事情についてご紹介します。

マッサージの資格を海外でも使えるか
について詳しく見る

学歴は関係ある?

マッサージの資格を取得するためには学歴も関係してくるのでしょうか。中卒の段階で学歴が止まっている方の中には、自分は資格が取得できないのでは…と不安に思っている方もいるようです。そこで、学歴と資格取得についてご紹介しましょう。

マッサージの資格と学歴
について詳しく見る

国家資格と民間資格の違いって?

マッサージに関する資格には国家資格のほかに民間の資格もあります。国家資格と民間資格ではどのような違いがあるのでしょうか。国家資格=難しいと考えてしまいがちですが、必ずしもそうとは限りません。

民間資格の中にも難しいものはありますし、国家資格と同じく評価されている資格もあります。それぞれの資格でメリットもあればデメリットもあるので適当に選ぶことはできません。

どちらの資格が向いているかは人それぞれなので自分自身で検討する必要がありますが、それぞれの資格の特徴についてご紹介するのでぜひ参考にしてみてくださいね。

マッサージ資格の国家と民間の違い
について詳しく見る

体験談まとめ

マッサージの資格取得を目指したその後は?資格を使って仕事に、そして家族の健康管理にと役立てているようです。体験談から、資格取得後の姿をイメージするヒントになりそうです。

マッサージの資格を取得した人の体験談
について詳しく見る

資格なしでもマッサージはできる?

資格が無くてもマッサージ店で働けるのか?そんな疑問についてスッキリ回答。街中にあるマッサージの店舗や温泉施設の癒し処でマッサージをしている人はマッサージ師の資格を持っているのかという素朴な疑問や実は、何の資格を持っていない人も意外と多い理由を解説しながら、マッサージ師になるにはどうしたらよいのかもあわせてご紹介しています。

資格なしでもマッサージはできる?
について詳しく見る

体の仕組み

体の仕組みを理解しようとすることは体を癒す職に就く人や基礎医学を学ぼうとする人たちにとっては必須です。人体の各部の名称と動きに関する基礎知識、骨・関節・筋肉、そして神経に関する基礎知識など、人の体の仕組みを簡潔にご紹介。

専門的な解説はありませんが、難しい表現はできるだけ避けてわかりやすさにこだわりました。さらっと読めるように工夫しているので、興味が湧いたらぜひ掘り下げて知識を広めてください。

体の仕組み
について詳しく見る

資格取得のために利用できる助成金

教育訓練講座を自己負担で受講したときに、受講料や入学料など実際にかかった経費の一部を給付金として支給してくれる教育訓練給付制度は、従来からあった一般教育訓練給付金に加え、2014年10月に「専門実践教育訓練金」が創設されました。一般教育訓練の支給額は、受講等費用の20%で上限額は10万円。

一方、専門実践教育訓練給付金は、2018年1月よりさらに内容が拡充され、支給額は3年間で最大で168万円。まさに改正の目玉となりました。こうした教育訓練給付制度は、キャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とした雇用保険の給付制度です。現在働いている方はもちろん、退職された方でも利用することができます。それぞれの制度について詳しくご紹介しています。

資格取得のために利用できる助成金
について詳しく見る

マッサージ開業で失敗する理由とは?

身体と心を癒してくれることから大人気のマッサージサロン。市場規模は年間約1100億円とも言われています。スパやホテルに併設など、アッパー層に向けた高単価帯のリラクゼーションサロンもありますが、最近では、りらくるなどに代表される60分3000円台の低価格の店も増加し、自宅やレンタルサロンなどで手軽に開業する方も少なくありません。しかし、店舗を開業し安定経営していくためには、事前準備がとても大切になります。
現在、セラピストとして活躍しながら独立開業を目指している方のために、失敗しないための準備やコツをご紹介しています。

マッサージ開業で失敗する理由
について詳しく見る

セラピストの仕事とは

ストレスの多い現代社会で、さまざまな不調を抱えている人たちと向き合い、癒しを与えるセラピストの仕事。肉体的な治療だけでなく心理的な治療も行うセラピストは、種類もさまざまで、海外では医療の代替治療として認知されていますが、日本ではまだ認知度が低く、これからの活躍が期待される仕事です。そんなセラピストのお仕事について、ご紹介しています。

セラピストの仕事
について詳しく見る

マッサージ師に向いている人とは?

どんな人がマッサージ師に向いているのか。具体的な人柄を例に挙げながら、わかりやすくご紹介しています。

マッサージ師に向いている人
について詳しく見る

セラピストはつらい職業?

マッサージや整体などの仕事は、施術に強い力も必要になり、セラピストによっては腱鞘炎になったり、腰痛を抱えている人もいます。また、癒しを提供するセラピストは、実は心身ともにハードな仕事。心理セラピストや気功セラピストなど、心に関わるリラクゼーションの現場では、セラピストがお客さまの負の気を受けてしまうことも。
セラピストは、やりがいのある魅力的な仕事です。しかし、具体的にはどんなことがつらいのか具体的にご紹介しています。

セラピストのつらさ
について詳しく見る

セラピストの仕事の楽しいところ

お客さまからの感謝の言葉が最大のエネルギー源と言われるえるセラピストの仕事。
セラピスト自身は、どのようなやりがいを感じているでしょうか。また、セラピストの仕事の楽しいところは、どんなところなのでしょうか。具体的な仕事の内容からセラピストのやりがいなどについてご紹介しています。

セラピストの仕事の楽しみ
について詳しく見る

セラピストは副業でできる?

フリーランスで働く人も多いセラピストの仕事。平日は会社員として働き、平日の夜間や週末を使ってサロンで働く副業としてやっていくことも不可能ではありません。ここでは、副業の方法、フリーランスとして仕事をする方法などについてご紹介しています。

副業としてのセラピスト
について詳しく見る

アーユルヴェーダとは

サンスクリット語で「生命の科学」を意味するアーユルヴェーダは、本来持っている自己治癒力を高め、身体と精神のバランスを整えることで、予防医学の観点から健康を維持するための理論です。ここでは、日本でアーユルヴェーダを学ぶための書籍や、専門学校・サロンの紹介もしています。

アーユルヴェーダとはについて詳しく見る

アロマの種類

リラックスしたいとき、悩みを忘れて気持ちを楽しくしたいとき、気持ちを明るくしたいとき、怒りを鎮めたいとき、集中力を高めたいときなどシチュエーション別におすすめのアロマの種類を紹介しています。アロマをつかったマッサージの効果についてもまとめています。

アロマの種類について詳しく見る

マッサージを趣味で始める

マッサージを趣味で始めたい方のために、趣味であってもしっかりとした知識を身につけることの大切さや、スクールで学ぶことのメリットについてご紹介しているページです。

マッサージを趣味で始めるについて詳しく見る

セルフでリンパマッサージをする際の注意点は?

セルフリンパマッサージで自分を癒したい方のために、マッサージの方法や基本的な効果を紹介。また、小顔マッサージや二の腕・ふくらはぎをほっそりさせる方法も紹介しています。

セルフでリンパマッサージをする際の注意点は?について詳しく見る

マッサージ業界への就職・転職について

マッサージ・リラクゼーション業界への就職や転職をめざしている方へ。メリットとデメリット、おすすめの資格などを紹介しています。

マッサージ業界への就職・転職についてについて詳しく見る

マッサージが与える心理的な効果

マッサージ師を目指す人は、マッサージが心理的に与える効果についても知っておく必要があります。心理的と聞くと難しく思えるかもしれませんが、本質はシンプルです。マッサージをすると筋肉がほぐれて内臓や自律神経の調子が整い、それに伴って気分が良くなり感情の起伏(バイオリズム)も安定するということです。具体的には、マッサージを行うことで「ストレスの軽減」「疲労の軽減」「感情面での変化」を促すことができます。詳しく解説していきますので、チェックしてみてください。

マッサージが与える心理的効果
について詳しく見る

更年期とマッサージ

40代から50代の女性に多く見られる更年期障害。いろいろな不調があり、当事者の女性にとってはさまざまな苦しみを伴うものとなっています。ただ、更年期障害はマッサージなどで症状を和らげることも可能となっています。正しい対処法を学ぶことで、より日常生活を快適に過ごせるようになるでしょう。そのための知識を、少しでも得ていただければ幸いです。

更年期とマッサージ
について詳しく見る

足(静脈瘤)へのマッサージ

下肢静脈瘤は足の静脈の弁にトラブルが生じることで起こるものです。足、特にふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるほど、全身に血液を行き渡らせるために重要な役割を担っています。下肢静脈瘤になってしまうとそうした機能が低下してしまい、引いては健康に大きな影響を及ぼすことにもなりかねません。日頃からマッサージや運動を心掛けるなどして、しっかりとケアしていくことが重要です。

足(静脈瘤)へのマッサージ
について詳しく見る

首のこりとリンパの関係性

首のコリというのは、日々の姿勢やストレス、あるいは首にあるリンパの滞りが原因となって引き起こされます。放置しておくと頭痛などさまざまな不調の原因となってしまうので、早めにケアをしていくことが大事になります。マッサージやケアの方法を知っておくのは、日々の生活をより充実したものにしていくためにも必要なことだと言えるでしょう。

首のこりとリンパの関係性
について詳しく見る

体質改善のやり方

体質を改善したいといっても、どのように改善するかによってやり方は変わってきます。ただ、いずれにしても大事なのは継続していくこと。一回限りの取り組みでは、それほど大きな効果は得られないからです。痩せたい、疲れにくい体にしたいなど、それぞれの目的に応じ、適切な方法を選んでいくようにしましょう。

体質改善のやり方
について詳しく見る

マッサージの頻度

マッサージは、概ね月1回程度の頻度で通う方が多いそうです。ただ、症状の重さや行うマッサージの種類によって、頻度は細かく変わってきます。週1〜2回程度施術を受けることで慢性的な症状の解消にもつながるので、もし気になるようなところがあれば定期的にマッサージをしてもらうようにするといいかもしれませんね。

マッサージの頻度
について詳しく見る

むくみへのマッサージ

足のむくみというのは、女性にとっては特に気になるものです。原因はさまざまにあり、特に夏場に冷たい物を飲み食いし過ぎる、体を冷やしすぎるといったことで、体外に排出される水分の流れが滞り、むくみにつながってしまうことが多いようです。まずはむくみの原因を知り、次に対処方法を知ることで、むくみに対する適切なケアをしていくようにしましょう。それが冷え性などの予防にもつながっていきます。

むくみへのマッサージ
について詳しく見る

おすすめの
マッサージ資格3選

新リンパ療法

(リンパ療法学院)

初級科コース

15万円

取得期間1ヶ月

リンパ療法学院の
無料体験会をチェックする

リンパ療法学院の
無料体験会をチェックする

施術の特徴

体力や力を使わずにできるリンパケア&独自の癒し整体技術

学びの環境

「鍛錬会」(練習会)で卒業後も無制限に技術を磨ける


初心者・中級者・上級者向けと自分のレベルに合わせて技術を高められる

整体ビギナ―クラス
修了資格

(ウィルワン整体アカデミー)

整体ビギナークラス

26.4万円

取得期間1ヶ月

ウィルワン整体アカデミーの
無料体験会をチェックする

施術の特徴

流派にとらわれない1人ひとりの体のバランスに合わて行なう整体スキル

学びの環境

卒業後も一生涯技術サポート制度あり


特別価格で受講できる施術者向け・卒業者限定のセミナーが豊富

リラクゼーション
セラピスト修了資格

(東京整体いろは学舎)

リラクゼーション
セラピストコース

48万円

取得期間6ヶ月

東京整体いろは学舎の
無料体験会をチェックする

施術の特徴

セラピストとして広く利用できるボディケア・リフレ・リンパの3手技

学びの環境

一度受けた授業は無期限無料で再受講可能


入学時のガイダンスで最低限の基礎知識を学べるから受講がスムーズ

※調査したマッサージ資格取得スクールのうち、卒業後も定期的に技術を磨ける練習場がある・無料で再受講できるなどの「学び続けられる環境が整っている」スクールをピックアップ。その中でも取得期間が短い3資格を、ファーストステップとして取りやすいおすすめ資格として紹介しています。紹介している資格はすべて民間資格になります。

※各種類の資格を取得できる資格のうち最も短期間で取得可能なもの、費用は資格取得に必要な総額を表示しています。調査は2020年3月時点のものです。