マッサージ資格ナビ-ほぐすぐ- » 事前に知っておきたい!マッサージ師になるには » 資格なしでもマッサージはできる?

資格なしでもマッサージはできる?

資格なしでもマッサージはできる?

厳密には「あん摩マッサージ指圧師」の資格が必要だけど…

日本の法令ではマッサージの厳密な技術定義は規定されていませんが、本来は、あん摩マッサージ指圧師免許(国家資格)がなければ「マッサージと言う行為」を行うことはできないとされています。しかし、街中にあるような、いわゆるマッサージ店と一般の人に認識されているような店舗にいる施術者は必ずしも資格を持っているわけではありません。

それでは、なぜ資格を持っていない人が、マッサージをしているのかというと、マッサージ店のような店舗で行っていることは本来のマッサージではないからです。一般の人が認識しているようなマッサージ店でのマッサージと思われているものは実は「もみほぐし」と言う行為にあります。

マッサージともみほぐしの違いについては、法律にも明確な違いが書かれていないことから、あいまいな部分が多いようですが、決定的に異なる点は、施術を受ける目的にあります。マッサージは医療の一部として行われるものであり、目的は「症状の改善」となります。リラクゼーションやスパなどで施されるものは、身体の治療と言うよりも「心身を癒す」ことを目的としています。

資格なしでもリラクゼーション行為として施術ができる

資格は無くても、リラクゼーション行為としての施術(もみほぐし)は出来ます。 正確には「あん摩マッサージ指圧師」の資格を持っていない限り、マッサージ師とは言えず、本来の意味である治療目的のマッサージは出来ません。免許を持っていなくても筋肉をほぐして血流を良くすることで疲労回復を行うといった、もみほぐしの施術を行うことができるのです。

「マッサージ」と「もみほぐし」について

「マッサージ」と「もみほぐし」に違いは、「あん摩マッサージ指圧師」の資格を持っている人の施術は「マッサージ」持っていない人は「もみほぐし」になります。 マッサージという言葉を使えるのは、「あん摩マッサージ指圧師」の資格を持っている人が行う行為のみのはずなのですが、一般的には、「マッサージ」も「もみほぐし」も大きな違いを意識している人は少なく、内容がもみほぐしであっても「マッサージ」という言葉をお店の看板に出しているところもあります。

ただ、店舗側としては「マッサージ」という言葉をできるだけ避けたい意図もあるのか「もみほぐし」や「指圧」「リラクゼーション」などの言葉を使っているところも多く存在しています。

資格なしで医療行為としてのマッサージをしてしまうと…?

厚生労働省医政局医事課の資料によると「無免許でこれらの行為を業として行ったものは、同法により処罰の対象になります。」と書かれています。もし、資格を持っていない人が医療行為としてマッサージを行ってしまうと、罪に問われて悪質な場合には逮捕されてしまう可能性もあるのです。

また最近では、無資格者による施術によって体調を崩すといったトラブルの例もあり、ずさんなマッサージもどきの店舗の存在が業界に大きな波紋を投げかけているようです。

資格はもっていた方がいい?

国家資格である「あん摩マッサージ指圧師」資格を持つ大きなメリットは、独立開業できる権利である開業権を得られるところです。あん摩マッサージ指圧師は手技による施術のため、特別な機材や、高価な道具を揃える必要もなく、最低限の資金で開業することができる職業です。自分の店を持つことを目標にしている人は資格をもっていた方が良いと言えるでしょう。

街中のもみほぐし店や温泉施設の癒し処のような場所で働くという目的でしたら資格は必要になるわけではありません。しかし、資格を持っていた方が就職の面で優遇されやすいでしょう。また、お客さん側に安心感をもってもらえるので、指名も受けやすくなるでしょう。

民間資格と国家資格について

民間資格と国家資格の大きな違いとは?

民間資格と国家資格の違いは、法的な裏付けがないのが民間資格、国の法令・政令・省令に規定があり法的な裏付けがある資格が国家資格です。

・民間資格とは?民間団体や企業が独自の審査基準を設け、試験を行い認定する資格が民間資格です。

・国家資格とは?国の法律に基づいて、国や国から委託を受けた機関が実施する資格が国家資格です。

資格について、あまり意識したことが無いという人も多いかもしれませんが、資格には大まかに分けると3種類があり、民間企業が認める「民間資格」、国が認める「国家資格」、各省庁や自治体が認める「公的資格」があります。

このうち国家資格には、医師や弁護士のように国の法律に基づいて与えられる国家資格もあり、資格を取った人だけが業務ができる「業務独占資格」があります。

これは資格を持っている人だけが、業務にたずさわることができ、資格がなければその業務を行なってはいけないと法律で決められていることから業務独占資格と呼ばれています。

しかし、資格を取りたいと思ったとき、国家資格か民間資格かではなく、おなじみの英検やTOEIC、MOSのように知名度や有効性でマッサージ・もみほぐしの資格を選んでいる人がほとんどではないでしょうか。

仕事やキャリアアップに役立つ資格や知識や技術を証明できる資格、何かを始めるために必須の民間資格は数多くあり、現在の業務やこれから目指したい職種に関わるものを選んで資格を取得するというのは、とてもいいことです。また、民間の資格でも学べる知識や技術などが優れているものもあります。「癒す」ことを仕事にしたいなら、資格を取得するのは決して無駄ではありません。

資格なしでもマッサージ店で働ける?

資格なしで働けるお店はある

資格を持っていない人でもリラクゼーションや癒しを施すためのお店で働くことができます。ただ繰り返すようですが「治療」を目的としたマッサージを施すような場所で働くのは難しいでしょう。仮に就職できたとしても、マッサージをすることはできません。

資格なしでも知識を身に着けることは大切

治療目的の場合、資格がないとマッサージはできませんが、もみほぐしとして施術を行う場合でもマッサージとの違いを理解しておくことが大切です。そのために、民間資格を取ることで知識と技術をしっかりと身に着けることは有効だと言えるでしょう。

また、すでにエステティシャンやセラピストとして働いている場合、資格取得を目指すことで新しい技術や知識を身に着けて、現在もっている技と組み合わせることによって施術に活かすことができます。そうすることで、仕事の幅も広がり、他の人にはマネのできない強みになるはずです。なるべく多くの知識を身に着けることで、視野が広がり、技術の向上だけでなく新しいアプローチも期待できるのです。スキルアップは継続していきましょう。

やっぱり資格をもっていた方が良い

研修や勉強会などでスキルアップを続け、機会があれば資格を取得するのもよいでしょう。

とくに民間の資格の場合、種類が豊富で必要に応じて選び取得することができます。国家資格である「あん摩マッサージ指圧師」の資格は確かにいくつか優遇されている面がありますが、民間資格を取得する過程で得られたさまざまな知識・技術は多くの場面で応用ができ、技術を磨いていくことによりよりよく発展させることも可能です。例えばセラピストとして働く場合、リンパマッサージの資格とアロマの資格をもっていればこれらを組み合わせて、香りと手技による心地よい施術を提供することができます。介護施設で働いている場合は、癒しやリラクゼーションに関する民間資格をもっていればその知識と技術を活かして体の痛みやつらさを和らげるためのサポートができます。仕事の幅を広げるために、ぜひ資格取得にチャレンジしてみましょう。

おすすめの
マッサージ資格3選

新リンパ療法

(リンパ療法学院)

初級科コース

15万円

取得期間1ヶ月

リンパ療法学院の
無料体験会をチェックする

リンパ療法学院の
無料体験会をチェックする

施術の特徴

体力や力を使わずにできるリンパケア&独自の癒し整体技術

学びの環境

「鍛錬会」(練習会)で卒業後も無制限に技術を磨ける


初心者・中級者・上級者向けと自分のレベルに合わせて技術を高められる

整体ビギナ―クラス
修了資格

(ウィルワン整体アカデミー)

整体ビギナークラス

26.4万円

取得期間1ヶ月

ウィルワン整体アカデミーの
無料体験会をチェックする

施術の特徴

流派にとらわれない1人ひとりの体のバランスに合わて行なう整体スキル

学びの環境

卒業後も一生涯技術サポート制度あり


特別価格で受講できる施術者向け・卒業者限定のセミナーが豊富

リラクゼーション
セラピスト修了資格

(東京整体いろは学舎)

リラクゼーション
セラピストコース

48万円

取得期間6ヶ月

東京整体いろは学舎の
無料体験会をチェックする

施術の特徴

セラピストとして広く利用できるボディケア・リフレ・リンパの3手技

学びの環境

一度受けた授業は無期限無料で再受講可能


入学時のガイダンスで最低限の基礎知識を学べるから受講がスムーズ

※調査したマッサージ資格取得スクールのうち、卒業後も定期的に技術を磨ける練習場がある・無料で再受講できるなどの「学び続けられる環境が整っている」スクールをピックアップ。その中でも取得期間が短い3資格を、ファーストステップとして取りやすいおすすめ資格として紹介しています。紹介している資格はすべて民間資格になります。

※各種類の資格を取得できる資格のうち最も短期間で取得可能なもの、費用は資格取得に必要な総額を表示しています。調査は2020年3月時点のものです。