マッサージ資格ナビ-ほぐすぐ- » 事前に知っておきたい!マッサージ師になるには » 体験談まとめ

体験談まとめ

マッサージの資格を取得した人の体験談を紹介

スクールに通っての資格取得を目指す人は、専業主婦や子育て中の人、仕事を持っている人とさまざま。実際に取得した後、どのように役立てているのでしょうか?

資格があることで就職もスムーズに

スクールでリンパマッサージの技術を習得し、卒業後はリラクゼーション専門に就職しました。資格があることで就職もスムーズに決まったと思います。

また、スクールで学んだ知識や技術による施術はお客様に好評で、ご指名を受けることも増えてきました。施術後に「気持ちよかった!」と言ってもらえ、また来て頂いた時は嬉しかったです。先輩からも、施術についてよく聞かれます。

これからも、スキルアップを目指して勉強していきたいです。

大事なのは技術を磨くこと

マッサージの講師をしています。卒業して成功する人、失敗する人いろいろ見てきました。失敗する人の共通点は、資格を取って満足していることだと思います。この仕事は、資格を取ったあとも技術を磨くために勉強することが大事なんです。ただ資格を取るだけならおすすめしませんが、技術と知識をコツコツ磨くことができれば、きっと価値のあるものになると思いますよ。

自宅でプライベートサロンを開業

自分や家族の健康に役立つ仕事を…ということで、スクールに通い始めました。

受講終了後には、開業準備としてインターン学習を経験。保育園のお迎え時間に間に合わせるのが大変でした。今は、週に3日ほど自宅でプライベートサロンを開業し、完全予約制で対応しています。

仕入れや家賃などがないので貯金も捻出でき、子供たちの近くにいられるので、がんばって習得した甲斐があったなと思います。

幅広い施術を取り入れられた

多方面で活躍できるセラピストになりたいと思い、通学生のスクールを選びました。1日6時間になることもありますが、夢のために一生懸命になってやっていました。

資格取得と同時並行で自宅サロンの開業準備も始め、半年以内にリラクゼーション系からエステ系まで…幅広い施術を取り入れることができました。

資金繰りや集客面で悩むこともありますが、お客様と接するのは楽しいので、毎日やりがいを感じています。

講師や他の生徒と楽しく学べた

仕事をしながらスクールに通いました。授業の振り替えができたのが、続けられた理由だと思います。クラスの雰囲気はアットホーム的で、講師や他の生徒さんたちとも楽しく学べました。

卒業後は、仕事の傍らでトリートメントしています。まだ、練習させてもらっている感が強いのですが、喜んでくれるのが嬉しいです。

資格取得後は技術の訓練が大切

スクールで資格を取ったあとは、就職して実技を学ぶ方が多いようです。資格はいわば知識を学んだことの証。どんな資格を取るにしても、腕を磨くには実際の現場で学ぶ必要があるのです。実技をひとりで学び続けるのは難しいので、資格取得とあわせて技術の訓練ができる、学びのコスパが高い資格を選ぶことをおすすめします。

おすすめの
マッサージ資格3選

新リンパ療法

(リンパ療法学院)

初級科コース

15万円

取得期間1ヶ月

リンパ療法学院の
無料体験会をチェックする

リンパ療法学院の
無料体験会をチェックする

施術の特徴

体力や力を使わずにできるリンパケア&独自の癒し整体技術

学びの環境

「鍛錬会」(練習会)で卒業後も無制限に技術を磨ける


初心者・中級者・上級者向けと自分のレベルに合わせて技術を高められる

整体ビギナ―クラス
修了資格

(ウィルワン整体アカデミー)

整体ビギナークラス

26.4万円

取得期間1ヶ月

ウィルワン整体アカデミーの
無料体験会をチェックする

施術の特徴

流派にとらわれない1人ひとりの体のバランスに合わて行なう整体スキル

学びの環境

卒業後も一生涯技術サポート制度あり


特別価格で受講できる施術者向け・卒業者限定のセミナーが豊富

リラクゼーション
セラピスト修了資格

(東京整体いろは学舎)

リラクゼーション
セラピストコース

48万円

取得期間6ヶ月

東京整体いろは学舎の
無料体験会をチェックする

施術の特徴

セラピストとして広く利用できるボディケア・リフレ・リンパの3手技

学びの環境

一度受けた授業は無期限無料で再受講可能


入学時のガイダンスで最低限の基礎知識を学べるから受講がスムーズ

※調査したマッサージ資格取得スクールのうち、卒業後も定期的に技術を磨ける練習場がある・無料で再受講できるなどの「学び続けられる環境が整っている」スクールをピックアップ。その中でも取得期間が短い3資格を、ファーストステップとして取りやすいおすすめ資格として紹介しています。紹介している資格はすべて民間資格になります。

※各種類の資格を取得できる資格のうち最も短期間で取得可能なもの、費用は資格取得に必要な総額を表示しています。調査は2020年3月時点のものです。