マッサージ資格ナビ-ほぐすぐ- » マッサージの資格を取得できる人気の学校一覧 » リンパマッサージの資格が取得できるおすすめスクール一覧 » 日本ボディスタイリスト協会

日本ボディスタイリスト協会

日本ボディスタイリスト協会
引用元:日本ボディスタイリスト協会公式HP(http://japanbodystylist.org/)

日本ボディスタイリスト協会に通う生徒からの口コミ・評判

口コミはありませんでした。

日本ボディスタイリスト協会の特徴

約2,500名のプロを輩出

日本ボディスタイリスト協会は、東洋医学養生法に関連する普及事業を行っている団体。エステ技術を活かして心と体の浄化をテーマとしたスクールを展開し、これまでに2,500名近くにも上るボディスタイリストを養成・排出してきました。NPO法人としての活動形態も認められた団体であり、生徒がセラピストとして活躍し、理想とする形で技術を発揮するための、様々なサポートが行われています。4,500件以上の認定も育成した経験を持つ同スクールでは、東洋医学に基づいたセラピストとしての技術・知識が習得できます。

丁寧な動画スクールで認定試験を受講

日本ボディスタイリスト協会では動画スクール・通信講座によるスキル習得を積極的に取り入れており、忙しくて時間を取りづらい人や直接スクールに向かうのが難しい人でも、マイペースにスキルを修得可能です。動画の中では生徒が希望した、リンパアドバイザーやフェイシャルアドバイザー、オードリンパアドバイザーといった専門分野の知識について学び、資格を修得できます。動画でリンパの基本知識「排泄理論」について理事長が直接解説しており、東洋医学理論を取り入れた施術について基礎から理解することができます。直接顔を合わせなくても、動画だけでしっかり知識が身につくのが同スクールの強み。

日本ボディスタイリスト協会の学びの環境

動画講座で基礎をしっかり学んだ後は、1日講習で体重移動のコツや圧のかけ方といった本格的な技術を学ぶことができます。1日講習を受講した後は、1年以内に認定試験を受講して資格を修得することが可能になります。プロのセラピストとして活躍することはもちろん、スクール事業を運営することも可能。スクール事業を希望している生徒には、独立まで丁寧に指導してもらえます。また会員には「スキルアップ動画」として、各種1,980円で各学科予習・復習のスキルアップセミナーを受講することができます。

日本ボディスタイリスト協会のコース例

動画スクール

費用 27,500円(別途新規登録料5,500円)
期間 公式HPに情報がありませんでした。
コースの詳細 動画配信で各種内容について解説された後で、スクールに赴き直接1日講習を受けます。講習で動画講座の復習をしながら、実践的な技術について肌で学ぶことが可能。その後認定試験を受講できます。

日本ボディスタイリスト協会のスクール情報

スクール名 日本ボディスタイリスト協会
住所 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー18F
アクセス 恵比寿駅から徒歩約9分
その他の校舎 なし
おすすめの
マッサージ資格3選

新リンパ療法

(リンパ療法学院)

初級科コース

15万円

取得期間1ヶ月

リンパ療法学院の
無料体験会をチェックする

リンパ療法学院の
無料体験会をチェックする

施術の特徴

体力や力を使わずにできるリンパケア&独自の癒し整体技術

学びの環境

「鍛錬会」(練習会)で卒業後も無制限に技術を磨ける


初心者・中級者・上級者向けと自分のレベルに合わせて技術を高められる

整体ビギナ―クラス
修了資格

(ウィルワン整体アカデミー)

整体ビギナークラス

26.4万円

取得期間1ヶ月

ウィルワン整体アカデミーの
無料体験会をチェックする

施術の特徴

流派にとらわれない1人ひとりの体のバランスに合わて行なう整体スキル

学びの環境

卒業後も一生涯技術サポート制度あり


特別価格で受講できる施術者向け・卒業者限定のセミナーが豊富

リラクゼーション
セラピスト修了資格

(東京整体いろは学舎)

リラクゼーション
セラピストコース

48万円

取得期間6ヶ月

東京整体いろは学舎の
無料体験会をチェックする

施術の特徴

セラピストとして広く利用できるボディケア・リフレ・リンパの3手技

学びの環境

一度受けた授業は無期限無料で再受講可能


入学時のガイダンスで最低限の基礎知識を学べるから受講がスムーズ

※調査したマッサージ資格取得スクールのうち、卒業後も定期的に技術を磨ける練習場がある・無料で再受講できるなどの「学び続けられる環境が整っている」スクールをピックアップ。その中でも取得期間が短い3資格を、ファーストステップとして取りやすいおすすめ資格として紹介しています。紹介している資格はすべて民間資格になります。

※各種類の資格を取得できる資格のうち最も短期間で取得可能なもの、費用は資格取得に必要な総額を表示しています。調査は2020年3月時点のものです。