マッサージ資格ナビ-ほぐすぐ- » 【種類別】マッサージの資格を取得する方法 » 推拿

推拿

中国に伝わるマッサージ、推拿(すいな)を紹介します。どこで学べるのか、資格はあるのかなどまとめていますので、参考にしてみてください。

推拿(すいな)とは

中国に伝わる療法のなかでも最高峰とされる手技

中国では一般的な治療方法でもある推拿(すいな)。100種類以上もある手技を使い分けて、ツボを刺激したり骨や間接の位置を調整したりすることで健康的な身体に仕上げるというものです。

薬も使わず特別な道具などを必要としない治療方法なので、副作用やリスクの心配が少なく即効性が期待できると考えられています。

手で押して掴むことでアプローチするのが特徴

推拿は中国で「推拿科」があるほど浸透している治療方法です。

理筋と呼ばれる筋肉等のねじれや癒着を回復させること、整脊と呼ばれる背骨のズレを戻すことなど、ただマッサージをするだけでなく体そのもののズレやねじれを元に戻すアプローチをするのが特徴。手で押して掴むと聞くとツボを押したりゴリゴリと凝り固まった筋線維をほぐし離すイメージがありますが、奥深い治療なのです。

日本には推拿の国家資格はない…修了書を取得することは可能

推拿を学んだことの証明となるのはスクールで取得できる修了書です。スクールによっては「国際中医按摩推拿医師ライセンス取得のために必要な受験資格」を得られるところもあります。

ご自身の活躍したい場にあわせて、どの資格や修了書を取得したほうがよいかを決め、スクールを選ぶのがおすすめです。

資格(修了書)取得にかかる費用や期間

2~3ヶ月から1・2年で資格取得、学費は10万~50万円前後

スクールで修了書を取得するのにかかる期間は、2~3ヶ月程度の講座受講でOKというケースがほとんど。その場合は、費用相場が10~20万円程度の例が多く見られます。

国際中医按摩推拿医師ライセンスを取得したい場合は、中国語の勉強や中国・中医の歴史などから学べるスクールで1~2年程度の授業を受ける必要がります。相場は50万円~です。

資格(修了書)を取得した人の体験談

もともと西洋医療の医師をしている父もいたためか、東洋医学には触れずに育ってきました。しかし、東洋医学には西洋医学にはない「数値上問題のない症状」にも対処できる面に魅力を感じ、最終的に推拿にたどり着きました。薬の処方では説明のつかない、手技による症状の変化に感動していただけると、この仕事をしいていて喜びを感じます。推拿を学んでよかったと感じています。

口コミ参照元:臨床中医推拿塾(http://www.tuina.jp/suinajuku/voice.html

心身ともに参っている状態のときに推拿に出会い、奥深さにひかれて学び始めました。実際に推拿を含む気功などの講座を受けはじめて1年程度で心が前向きになり生活リズムも人並みに戻ったので、私も誰かの力になりたいと思い、推拿を勉強しています。人生が大きく変わったと感じています。

口コミ参照元:臨床中医推拿塾(http://www.tuina.jp/suinajuku/voice.html

大学で中国に留学したときに推拿を知ったのですが、その後は普通に卒業しマッサージや整体とは関係のないジャンルの企業に就職。しかし、だんだん心が疲弊し、身体もボロボロになってしまいました。癒しとして整体に通っていたとき、このままでいいのか不安になり、大学時代に興味を持った推拿をちゃんと学ぼうと思いこの道に進みました。体に触れるだけでまるで身体の中を覗いているのかというほど不調をきたしている部分に気が付く先生のすばらしさに憧れているので、そのような人になりたいと思っています。

口コミ参照元:臨床中医推拿塾(http://www.tuina.jp/suinajuku/voice.html

資格(修了書)取得後は?

独立開業している人も多い

推拿の知識や技術を学んだという修了書を取得してからは、推拿を取り入れている整体やサロンに就職する人や推拿だけでなく鍼灸や整体も併せて学び施術をする人、推拿専門院を開業する人などがいます。

資格(修了書)は学びのコスパで選ぶ

推拿の手技は100種類以上。中国医学の基礎から実技までを実際にお客さんに提供できるまで学べるスクールを選ぶのがおすすめです。

仕事をしている方であれば、短期間で取得、費用を抑えたいと考えてしまうものですが、実際に活用できる学習ができるかを見極めてスクールを決めるのがよいでしょう。

資格(または修了書)が取れるおすすめのスクール

推拿の資格や修了書が取得できるスクールを紹介します。

上海中医学大学附属日本校

3日間~の短期間で学習できる推拿コースから、大学専科コース(推拿学科)で2年~きっちり勉強することもできる上海中医学大学附属日本校。推拿を学びたい場合は特に、高校卒業以上の学歴などの受験資格を必要としません。

推拿学科では学習を終えたあとに、国際中医按摩推拿医師ライセンス受験資格を獲得することができます。

オリエントセラピースクール

オリエントセラピースクールは推拿専門のセラピースクールです。中医学分野なので東洋医学の学習がメインですが、解剖学やメディカルアロマなどの学習も行います。また、中国にある上海中医薬大学で実習を行っているスクールでもあるのも魅力です。

臨床中医推拿塾

推拿の実技をメインに学習できるスクールです。基礎知識だけでなく、実技を中心に勉強したいと考えている人におすすめです。実技経験のある人(プロ)向けのコースもあり、孫塾長の直接指導や施術現場の見学などができるようになっています。

おすすめの
マッサージ資格3選

新リンパ療法

(リンパ療法学院)

初級科コース

15万円

取得期間1ヶ月

リンパ療法学院の
無料体験会をチェックする

リンパ療法学院の
無料体験会をチェックする

施術の特徴

体力や力を使わずにできるリンパケア&独自の癒し整体技術

学びの環境

「鍛錬会」(練習会)で卒業後も無制限に技術を磨ける


初心者・中級者・上級者向けと自分のレベルに合わせて技術を高められる

整体ビギナ―クラス
修了資格

(ウィルワン整体アカデミー)

整体ビギナークラス

26.4万円

取得期間1ヶ月

ウィルワン整体アカデミーの
無料体験会をチェックする

施術の特徴

流派にとらわれない1人ひとりの体のバランスに合わて行なう整体スキル

学びの環境

卒業後も一生涯技術サポート制度あり


特別価格で受講できる施術者向け・卒業者限定のセミナーが豊富

リラクゼーション
セラピスト修了資格

(東京整体いろは学舎)

リラクゼーション
セラピストコース

48万円

取得期間6ヶ月

東京整体いろは学舎の
無料体験会をチェックする

施術の特徴

セラピストとして広く利用できるボディケア・リフレ・リンパの3手技

学びの環境

一度受けた授業は無期限無料で再受講可能


入学時のガイダンスで最低限の基礎知識を学べるから受講がスムーズ

※調査したマッサージ資格取得スクールのうち、卒業後も定期的に技術を磨ける練習場がある・無料で再受講できるなどの「学び続けられる環境が整っている」スクールをピックアップ。その中でも取得期間が短い3資格を、ファーストステップとして取りやすいおすすめ資格として紹介しています。紹介している資格はすべて民間資格になります。

※各種類の資格を取得できる資格のうち最も短期間で取得可能なもの、費用は資格取得に必要な総額を表示しています。調査は2020年3月時点のものです。