マッサージ資格ナビ-ほぐすぐ- » 事前に知っておきたい!マッサージ師になるには » どんな人がマッサージ師に向いているの?

どんな人がマッサージ師に向いているの?

マッサージ師は技術職であると同時に接客業でもあります。お客さまは「疲れを癒したい」という目的で施術を受けに来ます。そのためマッサージ師には、お客さまの話を聞く技術だけでなく、親身になって話を聞き心身の不調にも向き合うことが大切です。

そのため、ときにはお客さまから愚痴を聞かされたり、つらいこともあるかもしれません。それでもお客さまと過ごす時間を苦にせず楽しめる人、メンタルの強い人がマッサージ師に向いているのではないでしょうか。

どんな人がマッサージ師に向いているのか

人が好き

マッサージ師には、人が好き、特に人と接することが好きで、コミュニケーション能力も高い人が向いています。ほとんどの場合、一対一でお客さまと向き合い施術するので、コミュニケーション能力は、マッサージの技術と同様に必須になります。

おおらかな性格

お客さまの話を聞いたりしながら、肉体面・精神面を癒してあげたいといった気持ちになれる、おおらかな性格であればマッサージ師に向いているかもしれません。お客さまから愚痴を聞かされて、一緒に落ち込んでしまうような人は向いていないかもしれません。また、施術してくれるマッサージ師に、せかせかと落ち着きが無い態度を取られたら、お客さまも離れてしまいます。

真面目で勉強することに積極的

マッサージの技術は日々進歩し続けています。そのため新しい技術や知識を勉強することが苦にならず、そのことを楽しめる人は、マッサージ師に向いているかもしれません。また、接客術とあわせて、お客さまに喜んでもらうにはどうしたら良いのかといったことにも、仕方なく考えるのではなく積極的に勉強していける人が向いています。

健康な心身を持っている

日々多くのお客さまに接するということは、それと同じ数のストレスや疲れと向き合いながらマッサージを行うということです。マッサージの仕事は、体力的にも精神的にも負担のある仕事です。お客さまは身や心に何かしらの問題を抱えていることも多いので、まずは自分が心身ともに健康的であることが求められます。

マッサージ師のやりがい

マッサージ師の最大のやりがいは、自分の技術によって多くの人に感謝されること。

身体のどこかにや精神的に不調をきたしているお客さまは、見るからにつらそうにしていることも少なくありませんが、心持ちまでは見ることができません。しかし、マッサージ師が施術を行うことで、次第に患者さんが元気になっていったり、言葉の節々に心が軽くなるのが感じられるといいます。

そして、施術の最後に笑顔で「ありがとう」と言ってくれたときに、やりがいが感じられます。
苦しみや悩みをとってあげたいという気持ちで、一生懸命になれる人であれば、やりがいを感じながら働き続けられることでしょう。

おすすめの
マッサージ資格3選

新リンパ療法

(リンパ療法学院)

初級科コース

15万円

取得期間1ヶ月

リンパ療法学院の
無料体験会をチェックする

リンパ療法学院の
無料体験会をチェックする

施術の特徴

体力や力を使わずにできるリンパケア&独自の癒し整体技術

学びの環境

「鍛錬会」(練習会)で卒業後も無制限に技術を磨ける


初心者・中級者・上級者向けと自分のレベルに合わせて技術を高められる

整体ビギナ―クラス
修了資格

(ウィルワン整体アカデミー)

整体ビギナークラス

26.4万円

取得期間1ヶ月

ウィルワン整体アカデミーの
無料体験会をチェックする

施術の特徴

流派にとらわれない1人ひとりの体のバランスに合わて行なう整体スキル

学びの環境

卒業後も一生涯技術サポート制度あり


特別価格で受講できる施術者向け・卒業者限定のセミナーが豊富

リラクゼーション
セラピスト修了資格

(東京整体いろは学舎)

リラクゼーション
セラピストコース

48万円

取得期間6ヶ月

東京整体いろは学舎の
無料体験会をチェックする

施術の特徴

セラピストとして広く利用できるボディケア・リフレ・リンパの3手技

学びの環境

一度受けた授業は無期限無料で再受講可能


入学時のガイダンスで最低限の基礎知識を学べるから受講がスムーズ

※調査したマッサージ資格取得スクールのうち、卒業後も定期的に技術を磨ける練習場がある・無料で再受講できるなどの「学び続けられる環境が整っている」スクールをピックアップ。その中でも取得期間が短い3資格を、ファーストステップとして取りやすいおすすめ資格として紹介しています。紹介している資格はすべて民間資格になります。

※各種類の資格を取得できる資格のうち最も短期間で取得可能なもの、費用は資格取得に必要な総額を表示しています。調査は2020年3月時点のものです。